古谷孝さんはN国党の内紛で志木市議会議員になったらしい

2020年4月の志木市議会議員選挙が無投票全員当選となったことでいろいろ疑問符がつく方が議員となっていますが、古谷孝さんもその1人のようです

2019年の参院選では長野選挙区で立候補

古谷さんは2019年7月の参院選では長野選挙区でNHKから国民を守る党(以下、N国党)から立候補していました。結果は定数1で当選者が約51万票のところに約3万票の低得票で惨敗、300万円の供託金も没収となったようです

2019年7月参議院選挙結果

NHK選挙WEB

このサイトはNHKが運営する「参院選2019」です。長野選挙区の開票速報はこちら。…

参院選は落選前提で本命は志木市議選だった

古谷さんは当時は豊島区在住で都内で仕事していたようで、特に長野で政治活動していたわけでもなく、いきなり立候補しても当選できるはずもありませんが、もともと落選前提の立候補だったようです

上の動画を見ると1:50あたりからこの立候補の事情が語られています。N国党党首自ら「100%当選しない」「そのあとは多田君の刺客として埼玉県の志木市のほうに行ってがんばってもらう予定」と言っています

N国党党首が多田光宏さんに復讐するために古谷さんを志木市議選に立候補させた

2016年から志木市議会議員となっている多田光宏さんはもともとはN国党の副党首もやっていたようで、2016年の志木市議選ではN国党公認で立候補して当選していました。しかしその後、主に金銭問題で党首と仲違してN国党から除名されてしまうが除名後もN国党を名乗ってチラシのポスティングなどを行っていたためN国党から警告文を送られるなどの泥沼の争いを続けていたようです。以下の動画はそのあたりの事情についてのN国党党首の言い分です

N国党側(というか党首個人でしょうか?)としては多田さんを絶対に許せないと考え、いわゆる刺客、多田さんを落選させるための対立候補として2020年の志木市議選にN国党公認で古谷さんを立候補させたというところなのでしょう

しかしこういう争いを市政にもちこまれるのは本市にとっては迷惑千万な話だと思います

300万円の供託金は水の泡?

ところで参院選立候補に必須の供託金300万円は古谷さんが全額負担したようですが、これは低得票のため没収となりましたので古谷さんは丸損になったのかと言うと必ずしもそうではないようです。この落選前提での参院選立候補と志木市議選立候補のセットはN国党と古谷さん双方にとって以下のようなメリットがあるようです

N国党側

  • 金銭リスクなしで参院選の候補者を増やし政見放送と選挙公報で自党の主張を宣伝できる
  • 参院選の候補者が増えることで有権者やマスコミに党勢を大きく見せることができる
  • 志木市議選で多田さんへの復讐ができる

古谷さん側

  • N国党の公認で志木市議選での当選が期待できる
    • 党首の多田さんへの怒りが相当強いのでより強く応援してもらえそう
    • N国党のボランティアなどにも選挙運動を手伝ってもらえる
  • 当選すれば志木市の議員歳費は年間約583万円(市議会の解散は滅多になく任期の4年分が見込めるので300万円を失って約2332万円を得ることができる)

当選後の古谷孝さんの議員活動は?

2020年の志木市議選は候補者が定数分しか集まらず無投票全員当選になってしまい、古谷さんも当選されました。古谷さんは茨城県出身で大学進学のために上京して豊島区に住み2019年に参院選に立候補しその後志木に来て2020年に市議選に出たものと思われますが、議員として志木という街をどのように発展させていこうと考えているのか?聞いてみたいものだと思いますがなかなかそういう発信がみあたりません

いわゆる落下傘候補だろうが立候補の事情はなんだろうが市議としてちゃんと活動してくれていれば問題ないという意見もあるかもしれませんが、別項『志木市議会議員のみなさんの働きぶり』および『志木市議会議員のみなさんの働きぶり〜委員会編〜』で書いたとおり、本会議や委員会での古谷さんの発言回数はかなりお寒い状況なのが残念です

<参考リンク>

最新情報をチェックしよう!
>今井あさと

今井あさと

埼玉県志木市在住。敷島神社の近くに住んでます。長い間都内の高校で非常勤講師をしていました。教えていたのは公民科(政治経済・現代社会・倫理など)、今でも政治や社会に強い関心があります。現在はフリーランスのプログラマ(主にswift)。非正規一筋の人生です(笑

CTR IMG