多田光宏議員が今度は参政党を設立

令和2年度には党名問題で議員辞職勧告決議

志木市議会議員の多田光宏さんは令和2年(2020年)の市議選において自分で作った政治団体に「立憲民主党」と名付けて選挙カーを動かし、さも自分が同名の国政政党公認であるかのように市民を欺こうとしたとして同年4月23日に志木市議会において議員辞職勧告決議が可決されていました(詳細は別項『多田光宏議員に対する辞職勧告決議』参照)。しかし彼はこれに対して反省する様子も見せずその後もれいわ新選組を名乗る政治団体を設立したりしていました

今度は参政党を設立

上記は総務省に登録されている政治団体に提出が義務付けられている政治資金収支報告書の一部ですが、団体名が参政党で代表者が多田光宏さんとして登録されています

現在は5つのまぎらわしい政治団体を登録

現在多田さんはまぎらわしい名の政治団体を5つ登録しています。その真意はわかりませんが、前回と同じくとりあえず勢いのありそうな(または勢いが出るかもしれない)政党と同名の政治団体を作っておき、自分の選挙の時に一番票になりそうな政党名と同名の自分の政治団体を使おうという計画なのだとしたら、これは市民を欺く卑劣な手段であり許されるべきではありませんし、名前を利用される政党にとっては極めて迷惑な話でしょう。来年4月の志木市議選に多田さんが出るとしたらどのような政治団体名を名乗るのか要注意です

以下は現在総務省に登録されている多田さん設立の各政治団体の政治資金収支報告書へのリンクです

N国党がいっぱい

現在総務省の一覧にはN国党がいくつも登録されています。近年の立花氏と大津氏のゴタゴタの結果の混乱ぶりが伺えますが、この一覧には多田さん以外に志木市議会議員の古谷さんのN国党もあります。多田さんと古谷さんの因縁については別項『古谷孝さんはN国党の内紛で志木市議会議員になったらしい』に書きましたが、志木市にはなんの関係もないN国党の内紛が来年4月の志木市議選で再燃するとしたら市民としては迷惑な話だと思います

関連記事

最新情報をチェックしよう!

市議会の最新記事8件

>今井あさと

今井あさと

埼玉県志木市在住。敷島神社の近くに住んでます。27年間ほど都内の私立高校で非常勤講師をした後にフリーランスのプログラマを経て現在はほぼ休業中。非正規一筋の人生です(笑

非常勤講師で教えていたのは公民科(政治経済・現代社会・倫理など)。今でも政治や社会に強い関心があり、志木市の政治についても詳しく見てみようと思いこのようなブログを立ち上げました

CTR IMG