2024年新座市議会議員選挙雑感

2024年2月18日はおとなりの新座市議選だったので1週間前くらいから志木駅南口あたりで様子をのぞいていました

  • 選挙結果
  • 投票率36.37%、前回(33.87%)より2.5ポイント上昇したもののかなり低い

やはり強い公明党

低投票率だとやはり公明党はかなり強く7人全員当選で現有議席を維持。ただし前回と比べると得票合計・得票率ともに減っており、学会員の高齢化等の影響は出ている模様。この傾向は昨年12月の朝霞市議選と共通しているようです

共産党は区割り失敗?

共産党は6人中1人がわずか17票差で落選し現有議席を1つ減らしました。公明党は党内のトップとビリが645票差に収まったのに対し共産党は1023票差でしたので区割りの妙が明暗を分けた形。それぞれ固い組織票があると言われますが票読みで読める精度が高いのは学会票の方なのかもしれませんね

維新の風は吹いているのか?

日本維新の会は新人の公認候補は当選しましたが前回無所属で当選し今回維新の推薦を受けた現職候補が落選し一気に維新2議席とはなりませんでした。上の写真は投票日前日に音喜多幹事長(赤矢印)が来たときの演説の様子ですが聴衆はほとんどいませんでした。維新はスキャンダルも多いし万博の問題もあり勢いに陰りも出始めているような印象でした

N国党はオワコン?

前回N国党から出て1249票を獲得して当選した小野沢たけしさん、今回は無所属で出て877票で落選しました。小野沢さんは総務省には自分の政治団体としてNHKから国民を守る党を登録しており収支報告書を見ると令和4年に立花氏から75万円の資金提供も受けているようですが、朝霞で現職がN国党公認で出て落選したことを受け今回はN国党を隠そうとしたが市民はちゃんと見ていたというところでしょうか?

N国党といえば志木市の古谷孝さんも小野沢さんとよく似た状況ですが、4月の選挙ではN国党を名乗るのかどうかが注目されます

参政党

朝霞に続いて新座でも参政党が初議席を獲得しました。新興勢力への移ろいやすい人気はN国党から参政党にシフトしたようです。神谷党首が2度ほど来たので2回とも見に行きましたが正直なぜこの人にそんなに人気があるのかわかりませんでした

関連リンク

最新情報をチェックしよう!
>今井あさと

今井あさと

埼玉県志木市在住。敷島神社の近くに住んでます。27年間ほど都内の私立高校で非常勤講師をした後にフリーランスのプログラマを経て現在はほぼ休業中。非正規一筋の人生です(笑

非常勤講師で教えていたのは公民科(政治経済・現代社会・倫理など)。今でも政治や社会に強い関心があり、志木市の政治についても詳しく見てみようと思いこのようなブログを立ち上げました

CTR IMG