志木市長香川武文さんの議会答弁の軽さが悲しい

最近配布された志木市議会9月定例会を報じた『議会だよりしきNO.194号(令和3年11月発行)』をみて驚きました。このブログでも何度か取り上げてきたいろは親水公園リニューアル事業に関する市長の議会答弁についてです

最初は緑被面積を15倍以上にすると言っていた

194号の1つ前の6月定例会を報じた『議会だよりしきNO.193号(令和3年9月発行)』の7ページでは市長は以下のように言っていました

ここでは中洲の緑被面積を15倍以上にすると言っています。しかし後日行われた工事説明会では工事前の中洲の緑被面積は23%だと言われましたので15倍以上では上限の100%を超えてしまうので不可能であると私は工事説明会で質問しました(別項「いろは親水公園の工事説明会に行ってきました」参照)

説明会への回答書ではひどい詭弁

説明会当日ではこの質問に対するまともな回答は得られず、後日市が発表した回答書では緑被面積を撤去面積にすり替える詭弁でごまかそうとするひどい「回答」が掲載されていました(別項「いろは親水公園の工事説明会への回答書を読む」参照)

9月定例会ではしれっと変更

それが今回の『議会だよりしきNO.194号(令和3年11月発行)』9ページでは以下のように変わっています

23%から54%だと約2.35倍ですから「15倍以上」とは大きくかけはなれています。現在の計画では中洲には村山快哉堂・公衆トイレ・カフェベーカリーなどの建築物や入り口・駐輪場・遊歩道など緑にできない部分もありますから、最終的な緑被面積54%というのがおそらく現実に近い数字だと思われ、9月議会ではこちらに訂正したのでしょう

では6月定例会の「15倍以上」とか回答書の撤去面積云々という詭弁はなんだったのでしょうか?

市長の議会答弁とはこんなに軽いものなのか?

私は間違いそのものを責めているわけではありません。誰でも間違うことはある。しかし議会答弁というのは公的なものであり半永久的に記録として残るとても重要なものです。そうであれば間違ったらそのことを議会できちんと報告して訂正するのが議会や市民に対する誠実さではないでしょうか?

これを書いている11月21日時点では9月議会の議事録が公開されていないのでもしかしたら議会での訂正発言はあったのかもしれませんが、広報に載せた発言を訂正するのであれば広報でもそれを公開しないのはおかしいです。議会議事録をわざわざ読む市民は広報を読む市民よりはるかに少ないはずだからです(この点については議会議事録が公開されたら確認したいと思っています)

<11/26 追記>
議会議事録が公開されたので見てみましたがやはり訂正発言はなかったようです。6月と9月でぜんぜん違う数字を答弁している無責任さにがっかりです

あるいは意図的にやっているのか?

本件はいろは親水公園リニューアルという市民にとっても身近で関心の高い問題であり、中洲の雑木林の伐採については市民の間からも強い反対意見が出ていたことは市長自身も認めている周知の事実です。そこで反対の声を抑えて工事に着工してしまうために緑被面積15倍以上!とアドバルーンをあげておき工事が始まってからこっそり数字を訂正するという極めて卑劣な手法をとったとも考えられなくもありません。違うというならぜひ市長自身の言葉で説明していただきたいものです

言葉に責任をもたない政治家は信用できない

選挙で代表を選ぶ際、私たちはその政治家の言葉=公約をみて判断します。しかし本件において香川さんの言葉はあまりにもいい加減で軽く無責任です

今後香川さんが議会答弁その他で数字をあげたとしてもそれを信じることはできるでしょうか?その場その場で聞こえのいいことを言って市民を丸め込んでおいてあとからこっそりその数字を変えてしまう、そんなことがまかりとおる市政は悲しいです

「15倍以上」発言の真相は?

そもそも香川さんは議会答弁であの中洲の緑被面積を15倍以上にすると言っていて、それが物理的にありえないと気づかなかったのでしょうか?一度でもあそこに行ったことがあればすでに緑がたくさんあり15倍にしたらあふれるだろうと気づきそうなものですが、実は行ったことがなかった?あるいは算数がお嫌い?またはスタッフが作った答弁原稿をただ読んでるだけ?とかなのでしょうか

また、議会でおかしなことを言ってしまったのであればそれを誠実に認めて訂正すればいいだけなのになぜそれをしないのでしょうか?まさかプライドが邪魔して「ごめんなさい」って言えないタイプの人なんでしょうか?私たちの志木市の市長がそんな小人物ではないことを願うばかりです

公務日程はなぜ公開できないのですか?

市長について書いてきたついでに書きますが、別項(すぐにでもできそうな志木市の市政改革)でも書きましたが香川市長はなぜ公務日程を公開しないのでしょうか?朝霞市・新座市・富士見市・和光市など近隣の市でも普通に公開されていますし政治家が有権者に「仕事してます」アピールするのに格好の材料なのに公開しないのは不思議です。まさか実は公務をしていない日がたくさんありすぎて公開できないなどということはないですよね?市民の代表として多額の歳費も受け取っているわけですから、日々どんな仕事をしているのかきちんと市民に公開していただきたいと思います

最新情報をチェックしよう!

市政の最新記事8件

>今井あさと

今井あさと

埼玉県志木市在住。敷島神社の近くに住んでます。長い間都内の高校で非常勤講師をしていました。教えていたのは公民科(政治経済・現代社会・倫理など)、今でも政治や社会に強い関心があります。現在はフリーランスのプログラマ(主にswift)。非正規一筋の人生です(笑

CTR IMG