与儀大介議員は一般質問を放棄

以下は市のHPで公開されている令和4年3月定例会の一般質問の日程ですが、合計で12名しかいません。現在の志木市の議員数は14名、議長を除くと13名になるはずですが、与儀大介さんの名前がありません。何かあったのでしょうか?

議会事務局に問い合わせたところ以下のような返事をいただきました

本市議会では、定例会における一般質問の通告制を取っており、市議会の申し合わせにより、招集日(開会)の市の休日を除いた3日前の正午が一般質問の締切りとなっております。・・・<中略>・・・与儀大介議員につきましては、通告期間中に一般質問の提出がありませんでしたので、令和4年3月定例会では一般質問をおこなっておりません。

つまり、特に何かがあったわけではなく、単に本人が一般質問の通告を出さなかった、自ら一般質問を放棄したということのようです。一般質問とは、よりよい市政を実現するために議員が市政の現状をチェックし問題点を指摘したり改善策を提案する、議員にとって最も大事と言ってよい大変重要な仕事です。与儀議員の目には今の志木市政は100点満点で何一つ改善すべき点はないと映っているのでしょうか?志木市でもコロナ禍で苦労している方や格差社会に苦しむ方もいるでしょう。教育は?福祉は?街づくりは?何一つ問題ないとでも言うのでしょうか?

面白半分で立候補してみたら無投票全員当選で棚ぼた的に議員になってしまい、2年ほどが経過してもう飽きてしまい一般質問もやる気なくなってしまったのでしょうか?

一般質問を放棄した3月議会関連のツイート、役得の食事を自慢する前に議員としてのやるべきことをきちんとやっていただきたいものです

<2022/10/19 追記>

一度ならず二度までも…

最新情報をチェックしよう!

市議会の最新記事8件

>今井あさと

今井あさと

埼玉県志木市在住。敷島神社の近くに住んでます。27年間ほど都内の私立高校で非常勤講師をした後にフリーランスのプログラマを経て現在はほぼ休業中。非正規一筋の人生です(笑

非常勤講師で教えていたのは公民科(政治経済・現代社会・倫理など)。今でも政治や社会に強い関心があり、志木市の政治についても詳しく見てみようと思いこのようなブログを立ち上げました

CTR IMG